名入れができるノベルティはノベルティ制作サイトの利用

広告効果が向上する名入れのノベルティギフトの制作について

月別: 2017年7月

名入りノベルティ

名入りノベルティの効果の高さは、明確に数値化できるものではありませんが、顧客への浸透度合いと言う意味では非常に高い状態になります。また、最近ではサイトで検索するだけで色々な名入りノベルティ制作をする業者が存在します。自社名や製品名のロゴがあったりする場合には、そのロゴも含めて印刷できるのかどうか、ノベルティの種類によれば名入り出来る箇所が決められていたりします。そうした内容で少しの手間と費用で、絶大な効果をももたらせてくれると考えれば選択肢は絞られます。

ノベルティに関しては、手渡した時に、何の反応もないことがほとんどですが、手渡された方はノベルティ本来機能を考えます。つまり、ボールペンだと、このボールペンは家で使うか会社で使うか、その書き味はどうか等、ノベルティ自身がもつ用途に着目します。ノベルティですから、豪華な景品という訳ではないので、無反応なのは当たり前です。自分に置き換えてみてもそうだと思います。もしそうだとしても、使われるものや便利なものであれば、十分効果を発揮してくれると考えられます。したがって、名入れもノベルティが持つ本来の機能を阻害するような名入れは避けるべきです。たまに、ポストイットのようなもので、全ての紙片にその会社名が邪魔なほど印刷されている場合がありますが、こうなればかえって顧客にはマイナスイメージが定着することになるので注意して下さい。

効果的ノベルティ制作

ノベルティの意味を重視してノベルティ制作を行うのであれば、まずはノベルティ自体に名入りで制作することが最も効果的です。自社名でも、販売を推奨する商品名でも構いません。名入りのものを作るに越した宣伝効果はありません。ほんの少しばかりの作業料金の上乗せで意図する目的が達成できるのです。例えば、10本100円の安価なボールペンでも、あといくらか足せばそのボールペンに自社の社名や製品名が印刷されるのです。この広告効果について、対費用で見た場合には何十倍もの効果があると考えられます。一時の安値に目を奪われて、市販品の購入を決めてしまうことがあったり、年度末予算の消化で購入を決めてしまったりする場合でも、極力この名入りノベルティの制作を勧めます。

例えば、先に言ったボールペンでも、使用される場面を想定してみて下さい。「そこにあるボールペンを取ってください」と声を出して言われるのか、それとも、「そこにある、○○社のボールペンを取ってください」とか単に「○○のペン」と言われてみたりします。自社が世間的に非常に有名で、誰もが知る企業であれば効果率の面ではそう大きなものは無いかもしれませんが、今から知名度を広めて生きたいと思っている企業のような場合、これは絶大な効果率上昇になります。ここで言う効果率とは、出した費用に対する効果の高さと言う意味で捉えて下さい。

ノベルティの意味

ノベルティ制作に関して、制作を行う方は十分その意味を知るべきです。適当に何かお客様に与えておけば良いとか、何もなければ格好悪いという理由だけの意味では、無駄なノベルティになってしまいます。常に、何のために使うノベルティなのかということを考えて制作しなければなりません。ただ単に、ノベルティと言っても、冠婚葬祭に関するものは除きます。あくまでも販売促進用に使用するノベルティのことについての話ですので注意して下さい。

ノベルティは、企業にとって自社名や自社商品をお客様に常に意識して頂く絶好の機会という捉え方をします。ノベルティの場合、1個当たりの単価は非常に安価なもので、ついつい安易に購入を決定してしまうことが多いですが、若干のコストプラスでその効果は飛躍的に著しく上昇してくるものになります。ノベルティを制作する意味の中心は、やはり販売促進のための売名行為そのものですので、ここで効果的なものにしておくべきだということは間違いない事です。一般市販品を添えて自社パンフレット、製品概要書などをお客様に出したとしても、全く意味の無い行為になってしまいます。翻って、パンフレットや製品概要書を受け取ってくれたお礼的な意味合いになってしまうことは想像に難くありません。

ノベルティの制作

昨今、世間で広く行き渡っているノベルティ制作について、それを活用する側の会社購入担当者さんにとって、ノベルティギフトと呼ばれる意味での実効性を高めるために、変わったもの、目新しいもの、使って便利なもの等を四苦八苦して、カタログやネットで探している方を見ます。しかし、そういう努力も、最終的に顧客の印象に留まらなければ、せっかく苦労した作業が報いられなく終わってしまう可能性もあります。このノベルティについては、時代と共に各種変遷してきましたが、要はオマケ的な要素から自社の売込みまで各種の目的のもと制作され使用されてきました。

今でこそ、当たり前になってしまったノベルティですが、この当たり前をいかにお客様に印象付けられるか、また、お客様に対して自社名や自社製品名を思い出してもらうかという基本的な問題の解決策があります。つまり、そのノベルティギフト自体に何らかの意味や広告効果を持たせる必要があります。一般的に広く市販されているノベルティになるものをそのまま購入し、頒布したとしても受け取った側としては、時間が経てば誰から貰ったのか、いつ貰ったのかが分からなくなってしまいます。結局無駄な景品や粗品になってしまうことは目に見えて明らかなことです。したがって、ここでは、今流行で広告効果が飛躍的に向上する名入れのできるノベルティギフトの制作に関して、その効果を最大限に発揮させることのできる方法を理解して頂くために、その制作目的から順を追ってご紹介します。